loveinfa.jpg
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 地元で 「2046」 上映終了 | TOP | またメンテがありました〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
映画 「ティラミス」2回目〜 (大阪にて)
「ティラミス」(原題:戀愛行星 Tiramisu)2002年・香港
 その他、詳細はよろしければ まぢめな1回目感想 などをごらんくださいまし〜(汗)

公式サイト http://www.fullmedia.co.jp/tiramisu/index.html 
  ↑あ、12/17よりレンタル開始らしいですわ〜(汗)

さて。2回目いってきました♪
関西に来ないかも、と思ってたのでたまたま東京に行った時に見たのですが、来阪?記念にまたもう1回・・・。
 そっか。期せずして東西の劇場制覇 (^^); 
 まあ、ワタクシ個人的には、「いま○いに・・・」に行くよりはこっちを見たいて感じ(汗)

ぢつは映画の日ということで、終わりかけの「TUBE」とハシゴして、アジアの2大若手新進女優堪能!の日にするつもりだったのですが(笑)、諸般の事情により叶わず。。。(残念〜)
  う、そういえば、TUBE見てないのに終わってしまったよ(泣)

遅〜いレイトショー(汗)なので、帰りの電車にちゃんと乗れるか、ちょっとドキドキしながらはるばる行って参りました〜♪


 やっぱり1回目は、全くもって何の予備知識もなく見てボロボロ泣いてしまったので
 今回は、落ち着いてゆっくり展開を楽しむことができた気がする。

それと、先日、広東語の辞書をぱらぱら〜と見てて
「行星」=惑星てことを知って、目が点。
 な〜んや! 恋する惑星 ちゅーことやん(←?) (・◇・)/ ほほ〜
  ↑そう思って改めてこの映画をみると、
    カリナちゃんが金魚にエサあげてるシーンなんかもちょい微笑ましい。

2回目だと、1回目よりちょっとはいろんなことが見えたけど
私がいちばん見たかったのは・・・
 香港の地下鉄かも(汗) あの放送! 聞きにいきたい〜(涙)

1回目は、ややスタイリッシュな映画で香港の町もあまり出てこないし、ちょっとさみしいかも〜て思いましたが、よくよく見れば町のいろんな所も出てるしイーソンくんとか香港映画的で楽しく、やっぱし香港映画ぢゃん〜♪と思いました。
やっぱり寝ぼけてみるのはアカンわ。もしかして東京で見たのがだめなんか?
(はい。それでまた香港行きたくなりましたよ〜 (。_。)い、行きたい〜)


 なんちゅー、しょーもない話はおいといて。

 1回目、最後どうなったか、実はハッキリ覚えてなかったんです。



↓◇◆―以下ネタバレのネタをこの下に―◆◇
  ほんまに中身書きますからね〜(汗)


↓◇◆―以下ネタバレのネタをこの下に―◆◇

た、たぶん、1回目みたときは
最後のシーンに衝撃(汗)を受けたのかも・・・。

 な、なんであんな男前さんの 鼻水 を映すかなあ??? (ーー);

で、ショックのあまり最後がどんな終わり方か、記憶が抹消されたのかと。
 (夜行であまり寝ないままボケた頭で見てたのもあるけど)

 わ、わたしは香港にハマって日が浅いので(こらこら) 未だに謎なんだけど

   香港映画では ハナミズ って良しとされているの???

    「2046」でも、めっちゃエエ場面のアンドロイド・フェイが
     タラ〜て(汗)
      あれは、涙が鼻をつたって! 涙やねん!!!て自分で一生懸命納得してたけど(笑)

    そういえば来年公開の○○○○では(いちおう伏せときますね)
    香港きってのクールビューティが、めっちゃエエ場面なのに、涙が目からはあまり出ず、鼻が・・・(汗)


す、すいません。いい映画なのに、こんなにハナミズ談義(爆)

えっと。
主役2人も、ワキの2人盧巧音と陳奕迅もめっちゃ良かったし!
教会でローちゃんがスピーチするところは、今回もまたポロポロ泣いちゃいました。彼女はいいですねえ!

 あの・・・あそこのおうちはクリスチャンなのかしら?
 そうでない人は、○○の△人は、迎えに来ないのか? 全員に来るのか?
  ちょっと冷静に考え込んでしまった。
  あの老夫婦には何十年迎えに来なかったんよね?(汗)
  ふらんすロケしたということは、○○の△人の設定にはめっちゃリキ入ってると思われますが
  どうもメルヘン&キュートなラブストーリーをあのしとたち(笑)が壊している気がする。

私は〜
 ゴーストがふつうに生活してるのも、
 お父さんが、見知らぬ男が自宅のプールに浮かんでても気にしなかったり
 突然、生き返ってもみんなそんなに気にしなかったり
  ・・・てのは、いちおう平気なんやけど(映画やし)
 
 あのダースベイダー調の馬にのった悪役が甲冑?の下に
  紫 のシャツなんが、なんか許せへんのでした(笑) なにが紫? (光の加減かなあ?)


で、出演の若手4人さん、正確な年齢は知らないけど、もっともっと日本の一般の人に知られてほしいな〜と思いました。
着々と出演作が日本公開されてるのは、たまたまですが、林嘉欣(カリーナ・ラム)ちゃんだけかなあ。
ニコちゃんもいっぱい映画は出てるけど、なかなか大々的には公開されないようで。(来年の新作は全国公開だそうで、おめでとう!)
もともと香港映画じたいが日本にそんなに来るわけではないからなあ。
(私自身、ティライスで初めてニコちゃんの映画をみたし)

けっきょく、この言葉に行き着いてしまう。

 香港映画、加油〜! む、むなしひ叫び(汗)


あ、あと、個人的な希望。

香港映画製作の人へ
 エンディングで、歌をブチっと切るのは、やめたほうが。。。
 (違うんかなあ? なんか無理やり途中でカット!て感じがした)

日本の配給会社さんへ
 映画の主題歌のときは、歌詞の日本語訳を入れてほしいです。
 「無間道」とか「無間序曲」には入っていた気がする。
 せっかくのエンディングテーマなんやし、勿体なかった・・・。

ちょっとだけ、サントラ(あるのか?)が欲しくなった私でした。
11:00 | 映画感想文 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
11:00 | - | - | -
コメント
 やっぱり大阪でもご覧になったのね。私も2回目行きたかったけどかなわず、く〜。んで、鼻水、私も思い切り突っ込んでしまいましたよん。でも、どうやら香港ではNGではないらしい、不思議ですわ〜。
 で、あの老夫婦は最近二人で亡くなられたのでは、私はそう思い込んで見てましたが。あそこのライブハウスの設定ってなんか『君さえいれば 金枝玉葉』に似てません?お父さんの仲間のジャズメンたちっていうの。

 『恋愛行星』って「恋する惑星」やったんや〜。

 ほんでサントラあります(あ、在庫切れになってるけど)。
http://global.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/pid-1001836811/aid-49/section-music/code-c/version-all/#prodcontent
 サントラというよりも、写真集にCDが付いたっていう感じの、ちょっと邪魔(笑)なしろもの。映画の写真満載、ポストカードやシールも封入されております。
 最後に流れていた曲「瞑想」は霆鋒くん作曲のもの。そうですよね、訳つけて欲しかったなぁ。まったく意味分からないで聴いてます。

 ちょっとカットされてたんやないかという情報もあり、DVD買って確認せにゃなるまい、と思う今日この頃でございます。
2004/11/27 6:27 PM by noe
きゃあ! noeさん、コメントに加えTBまでありがとうございます。

はい。2回目みさせていただきました〜。
ハナミズはね、たまたま2046でも同じことを思ったのでなんか気になって。
で、あの老夫婦は、おっしゃる通り、生きてる間は常連で、最近亡くなったのかもしれないですね。

サントラまで紹介してくださって・・・。これなら香港を探したらありそう? またどこかで探してみますね。
ありがとうございました♪
2004/11/28 12:36 AM by grace
グレちゃん、最近会わないわぁーと思ってたら、映画館のはしごで、忙しかったんですね。
「ティラミス」ってもう終わったのね。見てみたいなぁーって思ってたんだけど、結局行けずじまいですわ(>_<)
いつもこんな調子で、香港映画に出会う機会が減っていく。
(だから、いつまでたっても初心者・・・)
レンタルってどこでもあるのかしら?韓流はどのレンタル屋さんでも直ぐに置いてくれるのにね。
2004/11/28 3:23 PM by きらら
きららさん、ごぶさたです〜

そういえば、最近、チャットは読んでるけど入ってないですわね〜。いろいろあって・・・。
映画にも行ってましたが、学校がおわってしまうこともあり、その他、なんかバタバタしてました。
あと、貯めてた本をいろいろ読んだりとかね。
「2046」の本もやっと読みましたよ♪

「ティラミス」はレンタルにあればぜひ見てください。
わたしと号泣友達?のきららさんならきっとウルウルかと思います(汗)
お誘いできればよかったのですけど、上映が関西では 6日間 しかなかったのです。
ちょっと残念でしたわ〜 (^^);
またご一緒しましょうね♪
2004/11/28 4:41 PM by grace
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://gracediary.jugem.cc/trackback/220